機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

解離性痙攣/発作の治療

警告症状について何をすべきかを学ぶこと…

 警告症状を認めたときにあなたは何をすることができるか?

1. 心配しないでください! -あなたはこれらの症状を認めたときには非常に警戒感をいだいていませんか?

 下記のようなことをあなたは考えてしまうかもしれません:

   「損傷を受けてしまう?」   
   「理性を失ってしまう?」
   「非常に恥ずかしい?」
   「これはてんかん発作?」
   「発作中に死んでしまうかもしれない?」

 これらの疑問全てへの答えは、あなたが考えているほど悪いものではないということです。

「損傷を受けてしまう?」............................................おそらく打撲やコブができるということは良くありますが、重篤な損傷は起こりません。発作中にあなたは一部は気づくことができていますが、後にそのことをあなたは思い出すことができません。このあなたの一部があなたに(もしくは他人や例えば赤ちゃんに)本当に重篤な損傷が起こるのを防ぐでしょう。

「理性を失ってしまう?」 .............................いいえ、一時的には理性を失ってしまいますが、気が狂うようなことはありません。

「非常に恥ずかしい?」.......................おそらく少しはそうでしょう。しかしこのためにあなたがしたいことを全て避けることに本当に値するものですか?

「これはてんかん発作?」......................いいえ。もしあなたが確証をもてないならば、医師に聞いてみてはいかがでしょうか?

「発作中に死んでしまうかもしれない?」"............いいえ、このようなことは起きたことがありません。

2. 気を紛らわそうとしてください

 警告症状は「急に来る」かもしれなく、そのときに他の事に注意を向けることが難しいかもしれませんが、それをしてください。発作の起こる前の2,3秒間で、あなたの感じる身体的な感覚によってあなたの考えは打ち負かされてしまうかもしれません。

 もしその他のことに注意を向ける、もしくは注意をそらすことを学ぶことができるのなら、それは助けになるでしょう。例えば、

a. 100から0まで7ずつ引き算してください、「100,93,86,79..」。もしくは100,96,92など。
b. 雑誌を取って、読み始めてください。
c. 誰かと会話してください。
d. 携帯電話もしくは他のデバイスでゲームをしようとしてください。
e. お気に入りの歌を歌ってください。

 これらのことは心理士があなたが学ぶことを手伝ってくれるテクニックの種類です。これらはパニック発作に打ち勝つことを手助けするためにも使用されます。パニック発作や解離発作は同じものではありません。しかしこれらは一緒に生じることは多く、いとこのようなものです。

 特に解離性痙攣の患者のためにSheffieldの研究者によって開発されてきたその他のテクニックは、Sensory Groundingと呼ばれるものです。 (Sheffield大学のStephanie Howlett and Markus Reuber, University of Sheffieldに感謝して、下図に示します。)

 パニック発作について詳細はこのサイトの別項を参照ください。不安やパニックの項もご覧ください。パニック発作のセルフヘルプ材料はこちらのリンクです。いくつかはあなたに関係があるでしょう。

3. 自分を落ち着かせるために他の人に手伝ってもらう

 一つの問題は、あなたが発作を起こすとき、あなたに代わって周囲の人々が不安に思ってしまうということです。彼らもまたこのサイトを読むことで利益を得るかもしれません。あなたがたとえ発作を思い出せないとしてもあなたの一部は発作中のことに気づくことができます。もし周囲の人々が気が動転してしまうのなら、それはあなたの症状を悪化させてしまうでしょう。

 周囲の人がすべきことは、冷静さを保ち、サポート的になって、あなたの周囲にスペースがあることを確かめ、何も口に入れないで、発作が落ち着くのを待ち、その後に回復してくるのを促すということです。あなたが発作前にしていたこと、例えば職場や大学で、をあなたは行うことさえできるかもしれません。

 このため、以下のようなテクニックを行ってください:

1. より警戒心を持ち始めること。 発作が初めに起こったときに、多くの人はより警戒心を持ちます。警戒心が続くにつれて、それは短くなり、全くなくなるまでになります。時に発作の一部として患者は忘れていた警戒心を持つようになります。あなたがぼーとしていていつになく疲れていることを親戚や友人が気づくかもしれません。あなたが発作について学ぶにつれ、以前には分からなかった警告時期に自分で気がつくことが可能です。

2. 警告症状を認識はするが、それにより不安恐怖を持たないこと。あなたの診断を理解し、解離とは何か、「闘争や逃走」といった症状が何かを理解することで、発作が起こる状況でのあなたの不安や恐怖全てが軽減されます。

3. 警告症状がより長くなる。これは治療の目的に一つです。一過性意識消失なしに警告症状を長く許容すればするほど
、最終的にはその症状をコントロールできるようになります。

4. エピソードのいくつかを避け始める。気を逸らすことを学ぶことによって、もしくは症状によって不安恐怖を抱かなくなることによって、あなたが警告症状だけをもっていて、それは一過性意識消失ではないということを発見するかもしれません。もしあなたがそれをし始めることができるならば、間違いなく進展します。

5. あなたが意識的になっているときに発作を認める。これは発作を通常無意識もしくは健忘を伴う患者にとっては恐怖になります。しかしもしこのようなことが生じるなら、それはあなたがエピソードをより意識するようになってきていることを示していますし、それは正しい方向への一歩です。

 解離性痙攣の患者はよく発作が明らかにランダムに生じていることに本当に当惑します。

 完全にランダムなことは多いですが、時にはあなたが考えているよりかはランダムではないこともあります。解離性痙攣が起こる最もよくある状況は:

1. 座ったり横になったりして休んでいる。何もしていない。この安静時に、あなたの身体は発作を引き起こす脆弱性がよりある状態にあります。この安静時にはあなたの脳はどこにも注意を向けていなく、他の事で気がそれてはいません。呼吸や動悸、めまいのような身体感覚に容易に気づくことができます。

2. 混雑している場所/逃げることが困難な場所。あなたが意識的にこのことを考えていなくても、解離性痙攣の患者はこのような発作の重大さがより目立つような状況で発作を起こしやすいです。混雑している場所はよくあります。例えばショッピングセンターや映画館で発作が起きたとき、家でよりもより恥ずかしくなってしまうからです。あなたが発作が起こる可能性を予測すればするほど、その副次的な結果として発作は起きやすくなります。

3. 思考や記憶によって誘発される。 解離性痙攣を患うある患者は、発作が実際にうれしくない記憶や思考によって誘発されていることに気づいています。

4. 医療現場。医師に会うための待合室や診察室で患者はよく発作を起こします。これは、発作について医師と話をしなければならないという予測や、それについて単に考えることによって生じていると思われます。これらの状況で発作が起きたときには、医師は時に患者の病状が悪化していると考えてしまいますが、それは発作が生じやすい状況であるということをよく理解していないためです。

 あなたが非常にストレスを感じている、例えば会議があったり、どこかに行くことを急いでいたりという時には、あなたの脳はそれに非常に気が取られていて、発作は起きません。これは非常にストレスがある時には解離性痙攣が起こることが少ないことの理由です。

...Even though you can't remember the attack, part of you is aware during the attack. ...

In a resting state, when you're not distracted, your body is much more vulnerable to going into an attack.

Sesnory Grounding

しかし私は発作の原因を理解していない…?