機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

家族および職場

 家族や職場にあなたの症状をどのように伝えるべきか?

 他人に説明しなくてはいけないことを抜きにしても、あなた自身が機能性症状について理解することが大変なことです。

 不幸にも、もしあなたが下肢の脱力のようなことがあり、「検査結果は正常です」と人が聞いたとき、彼らは共感しないでしょうし、あなたが症状が本当なのかどうか考え出すことさえするかもしれません。

 これは患者にとって扱うのに非常に難しいものです。あなたはこの症状が実際にあり、身体のコントロールができないといった経験をしていることを知っています。やっぱりコントロールできていると人が考えているかもしれないということをあなたが考えることは症状を悪化させることさえあります。

 あなたがどのように友人や家族、雇用者に説明しようとするかを考えることは価値のあることです。

 一つの実際的なアプローチは以下のようにです。

1. 親友や家族に全てを説明しようと試みる. 彼らはあなたのことを非常に心配し、多発性硬化症やてんかんなのではと考えるかもしれません。もし彼らがそれほど心配しなければ、それは究極的にはあなたが自分の病態についてポジティブに感じる助けになるかもしれません。また彼らはあなたが病気のことを理解することを助けたり治療を薦めたりすることができるかもしれません。

 あなたが彼らにこのサイトを薦めたいかもしれません。

2. 「検索好き」に対して - 「私は神経内科医に会っていますし、うまくいけば症状は改善し始めるはずです」というような返事は、彼らを黙らすに十分かもしれません。

3. 雇用者 / benefit providers / 保険会社に対して - は、あなたが雇用者に病態のことを伝える必要があるだろう環境、特にしばらく休んでいた時、によります。彼らはその情報を得る権利がないかもしれませんし、またそれを得るにはあなたの同意が必要かもしれません。

 彼らにとってもこのサイトを読むのは有用かもしれません。

 あなたの主な問題が倦怠感であれば、「機能性神経症状に合併する慢性疲労症候群」と呼ぶことが、みんなにとってその問題を明確にすることに役立つかもしれません。

 もしあなたの主な問題が疼痛であれば、「機能性神経症状に合併する慢性疼痛」と呼ぶことが、その問題を明確にすることに役立つかもしれません。

 もしあなたが脱力や一過性の意識消失のような症状だけを持っているならば、保険会社もしくはbenefits agenciesによって認識される病態の正式な用語は「転換性障害」です。

 転換性障害は精神科的な用語です。あなたはこの点にため息をつくでしょうし、パソコンに物を投げようとするでしょうが、そうしないでください。代わりにもう一度"All in the mind?" を読んでください。

 転換性障害は、脱力やめまい、運動障害、一過性意識消失といった機能性および解離性症状を言い表します。これらの症状を持つ患者は苦悩を抱えており、それが身体症状に転換されるといったフロイトが普及させた精神科的な考えによる用語です。

 フロイトの考えが正しく、これらの症状を持つ多くの患者に当てはまると信じてこの病態を研究している人は非常に少ないです。

 しかしながら、この用語は広く認識されており、公式文書ではこの用語が必要になってくるかもしれません。