機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

倦怠感

 倦怠感は機能性神経症状を患う患者に非常によく認められる症状です。

 よく認められる明らかな症状であるにも関わらず、倦怠感や疲労感は患者は言うものの、実際には日に日に背後に隠されていきます。

 この病態での疲労感はまた神経系の機能に問題があることと関連したほかの症状と同様に考えることもできます。

 このような疲労感が生じるときは、
  • 他の神経学的症状を認めない
  • 6ヶ月以上持続する
  • 検出可能な医学的/神経学的な病態によるものではない

 そしてそれは慢性疲労症候群Chronic Fatigue Syndrome / M.E. (CFS/ME)と呼ばれます。

 慢性疲労症候群はEngland/Wales and ScotlandのChief Medical Officersによって本物の病気であると認識されてきました。

 このサイトでは慢性疲労症候群について詳細に議論するために作られてはいません。

 不安や抑うつが持続する重度の疲労感を認めるのに必要ではないということは重要ではあるが、それでも疲労感は不安や抑うつの一部として生じるかもしれません。

 しかしながら、主な慢性疲労症候群の治療の多くは臨床試験で効果が証明されており、それは機能性神経症状を患う患者にとっても有用であるかもしれません。

 この診断を持つ患者にとって有用な資源はいくつかあります。もしこの病態についてより理解したい、もしくは疲労感を管理する方法を学びたいのであれば、オンラインで利用可能なの下記の本をお薦めいたします。

Chronic Fatigue Syndrome (CFS/ME) (The Facts) by Frankie Campling, Michael Sharpe. Oxford University Press

NHS Directにもより詳細な内容があります。

http://www.nhs.uk/Conditions/Chronic-fatigue-syndrome/Pages/Introduction.aspx

 慢性疲労症候群の患者に対するサービスは不完全です。しかし、機能性神経症状を患う患者へのサービスよりかは良いものです。他の症状に対する治療への道になるため、あなたの医師から慢性疲労症候群の治療サービスが地域であるかどうかを確認したいとあなたは思うでしょう。