機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

機能性の筋の引き付け(Functional Jerks and Twitches) (機能性ミオクローヌス:Functional Myoclonus)

機能性ミオクローヌスとは何か?

 機能性ミオクローヌスとは、機能性運動障害の一部として生じる突然の筋の引き付けのことです。

 ミオクローヌスは通常の状態でも多くの神経疾患でも見られる症状です。

 ほとんどの人々は眠りにつこうとしているときに、筋の引き付けを経験します。これらの運動症状はジャーキング(hypnic jerks)と呼ばれます。

 ほとんどの人々はまた、身震い(body shudder)にもなじみがあります。急に身体が動くことから、この症状は時に「急に訳もなく身震いした(walking on someones grave)」と表現されます。

 時々生じるジャーキングや身体の身震いは正常なものです。しかし機能性ミオクローヌスでは、筋の引き付けは頻回に生じ、機能障害を引き起こします。

 手足の引き付けがあるかもしれませんし、非常によくあるのは全身の引き付けです。これらの症状はコントロールすることができません(これらの症状は不随意なのです)。

どのようにして症状が始まるのか?

 機能性ミオクローヌスは非常に突然に始まることが多い(約2/3)ですが、徐々にということもあります。このサイトで記載されている他のいくつかの症状よりかは遅い時期に患者にこの症状が認めるようになります。例えば、連続した35人の患者で検討したところ、平均発症年齢は45歳でした。以下の状況の一つに続いて症状が始まるかもしれません。

1. 身体損傷. 機能性ミオクローヌスは複雑性局所疼痛症候群(complex regional pain syndrome)の一部として生じるかもしれません。体幹の筋の引き付けは背部痛を伴うことがよくあります。

2. 下記の医学的問題からミオクローヌスを経験した後に生じる機能性ミオクローヌス
a. 薬の副作用
b. 筋の引き付けを伴う失神
c. 感染
d. ICUへの入院

3. 強い恐怖やパニック発作の後

4. 恐怖感覚を伴わないで生じる 「解離」と呼ばれる症状(ぼーとするなど)に伴って。

5. ミオクローヌスの他の原因が軽度にあり、それが機能性ミオクローヌスとして「増幅」される。

どのように診断されるか?

 機能性ミオクローヌスの診断は神経内科医によって通常行われます。診断するには神経内科的疾患、多くは稀だが、から生じる筋の引き付け全ての専門的な知識が必要となるために、診断は難しいものです。

 神経内科医が機能性ミオクローヌスと診断するときに探すものとして、以下にいくつか例を挙げます。

1. 下肢よりも体幹に認める筋の引き付け

2. 他の明らかな原因となる疾患がなく突然に症状が生じること

3. 身体の筋の引き付けが見られた患者での、顔面や声との関連

4. 歩行時の体幹の屈曲筋の引き付け

5. 注意をそらしたときに筋の引き付けが弱まるもしくは遅れる

6. いくつかの研究で「EEG jerk-locked back averaging」という脳波の手法で患者を調査をしたところ、機能性ミオクローヌスの患者では、筋の引き付けに典型的には先行して脳波の変化が見られました。この変化は準備電位(Bereitschaftspotential (BP))と呼ばれます。もしある患者の筋の引き付けを数多く記録したならば、これを見ることができます。この調査は実行するのが難しく、通常の検査としてよりも研究用の検査です。下図が示すのが、機能性ミオクローヌスの患者に認められた準備電位です。

 機能性ミオクローヌスの患者の半数以上が筋の引き付けを認める前に警告症状を訴えます。これは数秒持続することもあれば、時に数分持続することもあります。ある患者ではどうにかして一時的に開放したいと思う緊張感が高まっていくことを訴えます。そのため、患者は筋の引き付けを起こしたくありませんが、時にはそうすることが有用となります。このことをを理解することは治療に有用です。

 もしあなたが何も警告症状がなければ、上記の文章によって気をそがれたかもしれません。しかし上記のことは機能性ミオクローヌスの患者全てに当てはまることではありません。

それでは思い込みってこと?

 答えは「No」です。詳しくは‘Am I imagining it’を参照ください。

治療はどうするか?
 
 まずは治療のページをご覧ください。以下に特別なポイントをいくつか挙げます。

あなたは診断を信頼していますか?

 診断が正しいとあなたが感じることは必要不可欠です。もしあなたがそうでないならば、ここで提供するリハビリテクニックを行うことは難しいでしょう。

 もしあなたが機能性ミオクローヌスを患っていると感じていないなら、診断の根拠は何かを探す必要があります。上記した臨床徴候のいくつかをあなたは持っているはずです。もしそうならば、あなたが受けた診断を信頼しませんか?

 機能性ミオクローヌスを患うのにストレスは必要ありません。実際に機能性ミオクローヌスはリラックスしたり特別に何も考えていなかったりするときに最もよく見られることが多いです。おそらく、医師が「症状はストレスに関連している」と示唆したために診断を拒否したのではないでしょうか?もしそうならそれは誤解の可能性があります。

 我々は、多くの機能性ミオクローヌスの患者が症状の原因としてストレスがありますが、一方で多くの患者でそうではないということも知っています。そのためあなたがストレスを抱えているかどうかは診断とは関係がありません。

特別なテクニック

 機能性ミオクローヌスの治療は非常に挑戦的です。通常は症状がある機関持続し、脳の中で「習慣化」されます。下記のことは考慮する価値があるかもしれません。

1. もしあなたが警告症状を少しでも捉えることができるなら、できるならば筋の引き付けから注意をそらすというテクニックを使うことを試してください。解離性発作の項でも述べた技法と同じ方法を使うこっとができます。ある患者は、この方法を行うことで成功しますが、すぐに症状が悪化しますと述べます。しかしそれを続けてください。この方法が「習慣を捨てる」方法であることにあなたは気づくかもしれません。

2. 特定の時間、例えば夜に寝ようと横になったり、もしくは公共の場にいたりするときなどに、筋の引き付けが起こるということをあなたは予期していませんか?脳の働きが意味することとして、もしあなたが起こることを本当に予期しているのなら、それがたとえそうなって欲しくない時でさえも起こることが時にあります。これは「条件反射」と呼ばれ、脳の習慣を考えるときに心理士によってよく理解されるものです。もしこれらの考えに挑戦しようとするなら、おそらくあなたの筋の引き付けは変わります。

3. 薬物療法 - は機能性ミオクローヌスではあまり期待できません。ほとんどの患者はクロナゼパムのような薬物を試しますが成功はしません。

4. 催眠 - 時に催眠下で筋の引き付けは改善するので、家で実践するために自己催眠を学ぶことができるかもしれません。

 不幸にも、多くの機能性ミオクローヌスの患者では症状が持続してしまいます。しかし症状を改善しようと努力することは価値のあることです。症状が何かを知ることだけでさえ、患者に有益な心の平和をもたらします。

良性の筋の引き付け(Benign Muscle twitches)について– それは時に「良性線維束性攣縮(benign fasciculations)」と呼ばれます。

 良性線維束性攣縮は通常は機能性障害としては考えられていませんが、これは良性であり、心配事を生み、またこのサイトの他のいくつかの症状と合併するかもしれません。そのためこの症状を言及します。

 ほとんどの人では時々小さな筋の引き付けを、特に目の周囲や指で認めます。そのような筋の引き付けはよくあることなので、時に正常のこととしてその症状を経験します。

 しかしながら、ある人々ではこの筋の引き付けを頻回に認め、身体のいたるところにほとんどの時間生じることまで認めるまでなることがあります。これは何がこの症状を引き起こしたのかという了解可能な不安を引き起こし、それがまた筋の引き付けを悪化させることさえあります。

 このような全般的な良性の筋の引き付けは医学生や医師ではより頻会に認めることが知られています。彼らはこれらの症状を認めるようになると、(ALSのような)運動神経疾患なのではと心配してしまいます。

 実際には、これらの病態で見られる筋の引き付けは筋全ての繊維に影響を与えるものであり、運動神経疾患で見られるようなより小さなくねらすような動き(wriggling movement)、いわゆる線維束性攣縮とは違います。ですが、この病態は良性線維束性攣縮としていくぶん誤って名前が付けられています。全般的な筋の引き付けの他の原因はありますが、良性線維束性攣縮は臨床的に最もよく見られるものです。

 他の機能性症状と同様に、症状について知ることが突然症状を改善させることにつながることもあります。

BP