機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

心気症(Health Anxiety)

 このページでは「心気症」という概念を少し展開します。もしまだ読まれていないのでしたら、一般的なことが不安の項に記載してありますので、そちらもお読みいただけたらと思います。

 機能性症状を持つ患者が抱く心配で最も多い原因は、症状自体への不安です。症状は何によるものなのか?なぜ誰も私信じてくれないのか?私は気が狂ってしまうのか?重篤なことなのか?将来的に何もできなくなってしまうのか?

 この質問を症状を持つ患者が尋ねるのは理解可能なことです。あなたが医師のところへ行くとき、あなたの悪いところは何かという説明を得たいと思います。

 しかしながら以下のときに困難が生じます。

1. 医師が説明をしてくれない. 医師は「心配するようなことはありません」「ストレスに関連したものです(もしあなたがストレスを感じていなかったらよい説明には聞こえないでしょう)」。これらの種類の説明のため患者は何が悪いのかを思い悩んでしまいます。

2. 患者が自分が受けた説明を信じない. 例えば、医師から患者に頭痛は偏頭痛もしくは鎮痛薬の使いすぎと説明されますが、患者はこの痛みはもっと悪いものに思い、脳腫瘍だとずっと確信しているようなことです。

3. 患者は医師の説明を信じるものの、不合理な不安によってまた戻ってしまう(健康)への不安). ある患者は症状についての筋の通った説明を得て、一時的には安心します。しかし典型的には、2,3日しかその安心は続かず、診断を疑うようになり、上記の質問がまた現れるようになります。

 通常は、運の悪い病気である可能性を心配することは不合理だが、その心配を取り除けないということを患者は知っています。彼らは何かが起こり始めているのではとどんどん心配するようになり、他の意見や安心を単に得るために別の医師のところへ行き始めます。時間外診療や救命救急部にも行き始めるかもしれません。

 一方で、症状への不安が徐々に増加することが症状、特にめまいや頭痛、倦怠感をより悪化させます。

 症状が増大することで、ある患者ではインターネットを使用して自分自身で診断をつけようとします。これは新たな恐ろしい可能性を生み出します。

 最終的な状況が、いわゆる心気症(health anxiety)です。これは実際には非常によくありますが、患者や医師が議論することは難しいです。「心気症患者」という概念は一般的に我々の社会では笑われるものの一つです。

 しかし心気症を患うことは、実際には患者にとっては非常に苦悩に満ちています。これらの症状は、例えそれほど心配を引き起こすようなものはなくても、非常に現実的なものです。

 機能性症状を認める患者で強い心気症を患う人は少数にすぎません。医師は機能性症状を認める患者に与える健康への不安のほとんどが、患者が症状の原因についての説明を受け入れられていないという事実から生じます。(そして当然彼らは医師の説明に不安を抱き続けます。)

治療

 心気症に対する治療は、患者や医師がその症状があるということを確認することから始まります。

 このような症例を理解すると、単に安心を与えようとすることを医師がやめることは重要です。これらは一時的な効果なだけですし、繰り返し行う必要がでてきます。

 その代わりに医師は、より警告的な病状説明を追い払うような病状説明を患者にするべきです。

 患者の一部は、ウェブや本に載っている健康情報を見ないことや、他の医学的な意見を探さないことに同意していただく必要があるかもしれません。

 時に心気症は、患者が心気症とは何かを知ることで非常に劇的にうまく改善します。しかしこうなるのは難しいです。

 心気症を持つということはどのようなものか、症例の項にあるIan'sの病歴をお読みください。

 「私は正常?」 シリーズの一部としてRadio 4が心気症の番組 を放送しています。これは患者にとって非常によい番組であり、どのように症状が改善するかを説明しています。

 他には、Anxiety UK やNorthumberland NHS Trustのself help leaflet download があります。

..the patient knows that these worries about the possibility of sinister disease are irrational but they can't shake them off...