機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

検査

 機能性障害を持つ患者にとって医師が正しい診断をしているかどうかを考えるのはよくあることです。もしこのことについてより理解したい場合は'Misdiagnosis?'のページを読んでください。

 この検査についてのページは、治療のセクションの中にあります。それは多くの患者が検査が実際に示したことについて混乱しているからです。医師はいくつかの「異常」について言及してきただろうし、この文脈では有用かもしれません。

1. MRIにおける白質の変化/高信号/脳内の「点」/小血管病変

 多くの混乱を引き起こすことの一つは、脳内の小さな白い点がMRIで示されることです。これらは高信号変化、白質変化、小血管病変といったように様々な名前があります。時には 'Unidentified Bright Objects or UBOs'.とさえ呼ばれます。

 これらの白い点は健常人で年齢が上がるにつれ増えていきます。おおよそ、10年間で1つの点があって大丈夫です。なので、もしあなた35歳なら、あなたは3-4つの点があるはずです。もし55歳なら、5-6つの点があるでしょう。実際、60代ではそれ以上の数がおそらくあります。白髪と少し似ています。

 もしあなたが喫煙者もしくは高血圧であれば、白質病変はより認めやすいです。片頭痛やうつ病患者もまた認めやすいという指摘もあります。

 多発性硬化症を示唆するような脱力やしびれといった症状をもつ患者では、これらの白質病変をどう解釈するか問題が生じます。

 多発性硬化症は、脳内に(正常の年齢ではあまり見られない特徴的な場所に)多くの白質病変を認めることを診断の根拠の一部とします。放射線科医は、病変が年齢に関連したものだということを明確にするかもしれませんし、関連が曖昧であり脳スキャンの異常は明確ではないと報告を書くかもしれません。

 時に、全ての放射線科医が賛同することは、特別なスキャンは不確かだということです。時に、ある放射線科医は正常と報告し、別の放射線科医は明確ではないと答えます

 時々、髄液検査は神経系の炎症の証拠があるかどうかを確かめるために行います。

2. 脊髄画像の異常

 混乱が生じるもう一つは、症状のために脊髄のMRIを撮影したときです。

 「白質病変」のように、あなたの年齢に関わらず、年齢によって脊髄MRIにおける変化があります。

 あなたが40歳のとき、実際には全ての人で「退行性変化」を認めます。研究上でも、脊椎に非常に重度の変化を持つ患者でも症状は何もないということが示されています。

 脊椎痛をもつ患者の大部分は症状を説明できる明らかな構造上の異常がないということは事実です。

 しかし、MRIの報告書が「退行性変化」「脊椎症」「ヘルニア」「osteophytic lipping」といった非常に警告的な文言で書かれて返ってきます。これら全てが脊椎が異常であり損傷があること示唆します。しかしこれら全てが、重症度にもよりますが、全く年齢相当である可能性があります。

 最も重要な問いは、神経根や脊髄が押されている証拠があるかどうかです。これは巧妙ですらあります。非神経症状の患者(例えば喉頭部の病気のような)のほとんどで、MRI上では脊髄が押さえ込まれて警戒すべき問題に見えますが、症状はありません。
.
 多くの患者(と医者)は、MRIによって診断が選び出されると考えています。 このようなことはあまりないばかりか、身体に損傷を負って症状改善の見込みがほとんどないという感覚を訴える患者にとっては、正常もしくは異常は小さいとする報告が、実際には害を与えている場合もあります。

3. 脳波

 一過性の意識消失を起こした患者はその原因を検査するために脳波を取ります。脳波は適切に使用されたときには、ある患者にとっては有用な検査です。一方で判断を誤らせる可能性もあります。

 簡単に言えば、てんかんの多くの患者では、脳波は正常です(もしテストのときに発作が起きていないなら)。

 解離性痙攣の多くの患者(また一般の人々)では、意味のない小さな異常を脳波で認めるかもしれません。時に検査中に発作が起きなくても、明らかな異常な脳波を認めるかもしれません。しかしこれはまだ患者がてんかんだということを意味してはいません。

 てんかんをしっかり診断するために脳波を使用する唯一の方法は、発作時脳波です。

 ほとんどの場合はこれは実用的でなく、そのためてんかん(と解離性痙攣)は患者の病歴や目撃者の話から診断されます。

Pictures coming soon ...