機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

他の機能性症状

 機能性神経症状を認める患者は身体の他の部分にも高頻度で機能性症状を認めることが研究で示されてきました。

 これらには以下が含まれます:

 過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)
 機能性胃腸症(functional dyspepsia)
 繊維筋痛症(Fibromyalgia) (疼痛の項を参照)
 Temporomandibular Joint Dysfunction
 Atypical Facial Pain
 Loin Pain Haematuria Syndrome
 Chronic Unexplained Fatigue (疲労の項を参照)
 慢性骨盤痛症候群(Chronic Pelvic Pain / Painful heavy periods)
 非定型胸痛(Atypical chest pain)
 慢性過換気(Chronic Hyperventilation)

 時に、これは非常に長期にわたるこれらの症状への脆弱性を反映します。これらの症状は10代後半や20代前半から生じる別の症状を伴います。

 いつもではありません。あまたがこのサイトに記載されている機能性症状を何か持っていることもありますし、4-50年間非常に健康的で今までにそのような症状がなかったとしても、多くの機能性症状を認めるようになることもあります。

 しかし、もしあなたがGP(かかりつけ医)もしくは専門医へ行き、多くの様々な本物の症状があるけれども「症状を引き起こす原因がないように見える」ことが分かったなら、このようなことはあなただけではなく、この病気のパターンはよく認識されているということを理解することは有用です。詳細は「Labels」を参照ください。

過敏性腸症候群:Irritable Bowel Syndrome (IBS)

 このよくある病態は通常は、便秘や下痢に関連して腹部膨満や腹痛を認めます。他の機能性腹部症状と合わさって、消化器科の患者の1/3-1/2でこの病態を認めます。機能性神経症状と同様に、症状を引き起こす構造的な異常はありません。消化器科医は、IBSを消化器の機能性の障害から生じる本物の病気として考えています。この病態は、(脳を含めて)腸の神経コントロールの障害として注目されています。

 過敏性腸症候群は消化器科専門医によって以下のように定義されています。

 6ヵ月以上前から症状があり、過去3ヵ月間,月に3日以上にわたって腹痛や腹部不快感が繰り返し起こり,次の項目の2つ以上を満たす
  • 排便によって症状が軽減する
  • 発症時に排便頻度の変化がある
  • 発症時に便形状(外観)の変化がある

 腹部不快感は,痛みとは表現されない不快な感覚を意味する。

機能性胃腸症:Functional Dyspepsia (FD)

 これは、胸焼けや消化不良があるが胃カメラやその他の検査では症状を説明できるものがない病態です。機能性胃腸症は消化器科専門医によって以下のように定義されています。

 6ヵ月以上前から症状があり、過去3ヵ月間は次の項目を1つ以上を満たす。また症状の原因となりそうな器質的疾患(上部内視鏡検査を含む)が確認できない。
  • つらいと感じる食後のもたれ感
  • 早期飽満感
  • 心窩部痛
  • 心窩部灼熱感

慢性骨盤痛症候群(Chronic Pelvic Pain / Painful heavy periods)

 慢性骨盤痛症候群の女性では、以前にも認めていた産婦人科的な問題の頻度が非常に増加します。これには以下のことが含まれます。

  • 過度の月経痛
  • 重い生理
  • 慢性骨盤痛

 これらの症状の結果として、子宮摘出の頻度が一般人口と比較して機能性神経症状のある患者では非常に高いです。

 これらの産婦人科的問題と明らかな関連がある一方で、この症候群の背景にあるものは明確には分かっていません。疼痛や様々な症状への脆弱性が重要な可能性があります。

 ここで知っておくべき最も有用なことは、もしあなたが産婦人科的既往を持っていて、現在は機能性神経症状を認めるのならば、それは完全な偶然ではありません。

 文献はより少ないですが、機能性神経症状を持つ男性はまた同様に精巣痛を認める傾向におそらくあります。

非定型胸痛(Atypical Chest Pain)

 胸痛でクリニックに受診する人の1/3の患者で、疼痛を引き起こす冠動脈疾患や胃腸障害、その他の胸痛を引き起こす疾患を示唆する証拠がありません。しかし彼らの疼痛は実際のものであり、症状は繰り返され、狭心症や心筋梗塞なのではと恐怖を感じます。

 この症状は「非定型胸痛」と呼ばれることが多いです。機能性症状の一つであり、疼痛症状が胸部に影響を与えたと考えるのが最もよいでしょう(疼痛の項も参照ください)。胸痛は不安を抱かせます。また急性の重篤な不安(いわゆるパニック)の型として認め、典型的には胸部圧迫感を引き起こします。そのため、この2つの症状が悪循環としてお互いを悪化させていることは簡単に理解できるでしょう。

 非定型胸痛の多くの患者は不安やパニックを認めないということを認識することは重要です。

慢性過換気(Chronic hyperventilation)

 慢性過換気(非常に早くもしくは非常に深く呼吸をする)のある患者では、めまいやチクチク感、疲労、息切れを含む様々な神経症状を認めます。患者は過剰な呼吸から低二酸化炭素血症になり、これが身体的な機序で症状をさらに悪化します。

 典型的な過換気は主要因というよりも複雑な症状の一部です。それにもかかわらず、呼吸を改善するという目的の治療は、時に呼吸再訓練法(breathing retraining)と呼ばれますが、他の症状の改善に非常に有用です。