機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

 

Hemi

疼痛

 疼痛は機能性神経症状を患う患者では非常によくある症状です。このサイトでは疼痛について詳細に議論するようには作られてはいません。しかし、慢性疼痛があなたの病気(例えば機能性脱力など)の一部としてあるならば、その二つはおそらく関係しているということを認識することは非常に重要なことです。

 

 慢性疼痛を認めるほとんどの患者ではMRIでは症状を引き起こす原因を何一つ見つかりません。

 

 慢性疼痛は、複雑で理解するのには時間がかかりますが、神経系の機能的な異常としても見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疼痛のタイプ

 

 機能性神経症状を患う患者に最も多い疼痛の型は:

 

  1. 背部痛 – 通常は背下部の片側に感じます。

 

  2. 頚部痛 – 症状は持続し、動きで悪化することが多いです。

 

  3. 広範囲の筋肉痛および関節痛 – これは時に「繊維筋痛症」と呼ばれます。特に倦怠感や質の低い睡眠を伴うときに症                              状を認めます。

 

  4. 複雑性局所疼痛(Complex Regional Pain) – これは通常は軽度の外傷後に四肢が痛くて使うのが難しいときの                             ことをいいます。四肢は時に腫れて色が変化するもしれません。脱力は全てが痛み                               によるものではありませんが患肢によく見られますし、機能性脱力の臨床的特徴を持                              ちます。機能性感覚障害や機能性運動障害も同様に複雑性局所疼痛で見られます。

 

 この症状についての詳細はこのサイト内のここを読んでください。ロンドンの疼痛を専門とした神経内科医による複雑性局所疼痛のよい科学的議論については、こちら(http://pn.bmj.com/cgi/reprint/7/3/145)を参照ください。

 

 より有用な情報は下記にもあります。これらのリンクではある種の疼痛に有用な運動についても説明されています。

 

 

      頚部痛 - Information from Arthritis Research UK or NHS choices

 

      背部痛 - Information from Arthritis Research UK or NHS choices

 

      繊維筋痛症 -Fibromyalgia at NHS Choices or

        Information Booklet from Arthritis Research Council (1.2Mb Pdf download)

 

 

疼痛の悪循環を理解する

 

 慢性疼痛の管理が機能性症状の管理と共通するところがあることは、悪循環が症状を悪化させているということである。例えば、もしあなたが転んで背部を痛めたら、背中の痛みのために1,2日動くことが難しいでしょう。しかししばらく経った後に少しずつ体を動かすことは最もよいことかもしれません。痛かったとしても、動けば動くほど痛みは少なくなるでしょう。

 

 特に軽度の外傷の後に、時に悪化することは、背部痛が重篤な損傷なのではと心配になることです。理解できるように、この心理は動くのを躊躇させ、疼痛を損傷がある根拠として解釈し、できるだけ動かないようにすべきと考えてしまいます。しかしながら結局のところ、このアプローチはより動けなくさせ、より疼痛も悪化させます。ページ横の図はそれを表しています。

 

 

疼痛についてどこで助けを得るべきかWhere to get help for Pain

 

 もしあなたの主な問題が疼痛ならば、あなたが自身の疼痛をよりよく理解する手助けを時間をかけてしてくれるペインクリニックがよいかもしれません。

 

 

The "Pain Toolkit"

 

 自身も慢性的な疼痛に悩まされていたPeter MooreやイギリスのヨークシャーのGPおよび疼痛リハビリ専門医でもあるDr Frances Coleによって書かれたブックレットである'The Pain Toolkit'も参照ください。

 

 このブックレットとウェブサイトは、慢性疼痛を管理し打ち勝つことを学ぶのに重要な12の「ツール」が記載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Internet Resources for Patients with Pain

 

BackCare                                                                       www.backcare.org.uk

British Pain Society                                                        www.britishpainsociety.org

Pain Association Scotland                                              www.painassociation.com

Pain Concern                                                                 www.painconcern.org.uk

Pain Relief Foundation                                                   www.painrelieffoundation.org.uk

Pelvic Pain Support Network                                          www.pelvicpain.org.uk

 

 

 

Internet Resources for Health Professionals related to Chronic Pain

If you want to see an evidence based pathway designed for doctors assessing and treating chronic pain look here

 

British Pain Society Map of Medicine                  http://bps.mapofmedicine.com/evidence/bps/index.html

 

 

 

 

 

backpain

Vicious Circles of Pain -

taken from the ARC booklet on Back Pain

BOOKLET DOWNLOAD

Pain Toolkit Pain Toolkit Pain Toolkit

Understanding chronic pain in 5 minutes

 

This is a really brilliant video to introduce important ideas in chronic pain.

 

It was made by GP Access and the Hunter Integrated Pain Service, New South Wales, Australia