機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

視覚症状

 視野症状は機能性および解離性症状としても見られます。以下の症状のタイプは非常によくあります:

Visual blurring(視覚のぼやけ)
 典型的な訴えは、目が時々「ぼやけて」しまい、正常に戻すには目を細める必要があるというものです。時に二重に見えることもあるかもしれません。この症状は 輻湊痙攣(convergence spasm)によって生じることが多いです。目の片方が鼻のほうに寄りすぎてしまうことで生じます。 輻湊は通常の目の運動ですが、時に機能性症状の患者で過活動するようになります。

光過敏(光恐怖)
 この症状は慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome)の患者で多いです。機能性麻痺感覚症状を患う人でも生じます。多くの患者は脱力と同側で光過敏性が見られます。強い光は脱力を悪化させることさえあります。

 この症状への自然な反応として、よくサングラスをかけます。この問題として、それが目の光への過敏性をより強くさせる傾向にあるということです。光過敏への最もよいアプローチは、徐々に時間をかけて光へ暴露させることです。徐々に行うことが必要です。

視覚低下
 より稀ですが、片目もしくは両目の視力が非常に落ちる場合があります。時に何も見えなくなることもあります。この状況では、機能性の盲という診断は瞳孔が通常の反応を示し、目が刺激に反応し、視覚と関連する脳が全て問題ないことが検査によって示されることでされます。

 機能性視覚障害で見られる臨床的所見として、視野検査をしたときに認められる「管状視野欠損」や「らせん状視野欠損」があります(ページ右を参照ください)。

"Visual Snow” and Visual Persistence Phenomena
 時に、視覚に雪のような影響に患者が気がつくようになります。これは目や脳の障害によっても生じますが、正常の現象としても生じます。もし人がまぶしい背景を見たら、物が円状に動いているといった不明瞭で「変化のない」感覚に気づくかもしれません。ある人ではおそらく注意がそこに向かっていることにより症状が持続します。通常では脳が余計な視覚情報をブロックしています(それがブロックできていないことでこの症状が引き起こされているのかもしれません)。この症状がどういったものかを理解し、注意を向けないことが症状を改善させることを理解することは有用であることが多いです。

 視覚イメージが残ってしまうことにも患者は気づくようになります。特にしばらく何かを見ていたり、素早く動くものを追おうとしたりした後に生じます。Visual snowのように、神経学的および眼科的な原因を除外することは非常に重要ですが、そのような異常がなくても症状は生じます。余計な視覚情報をブロックする脳の中の通常の「フィルター」の機序が悪くなったという同様の問題によってこの症状は生じます。

tubular fields

管状視野欠損(Tubular fields)は機能性視野症状を示す徴候です

spiral fields

「らせん状視野欠損(Spiral fields)」は、正規の視野テストで見られ、機能性視野症状の徴候です。