機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

Hemi

脱力の治療

機能性脱力がどれだけ良くある症状かを考えると、脱力の患者にとって最もよい治療は何かを調査した研究がほとんどないということは、非常に驚くことです。

このセクションは、著者自身の何百もの機能性脱力の患者の症状を改善させようとしてきた経験に主に基づいています。

もし下記の項目をまだお読みいただいていなければ、これらの項を先にお読みいただけたらと思います:

1. 脱力

 この症状がよくあるということを理解することは非常に重要です。あなたが気が狂ったり「理性を失ったり」しているということは意味していません。薬物療法なしでも症状は改善する可能性があります。

2. 診断を理解すること

 医師があなたの症状を適切に診て正しい診断を付けているとあなたが思うことは必要不可欠なことです。

3. 理学療法や運動

 脱力や疼痛、倦怠感を含む機能性症状に対するリハビリや運動の背景にある原則をいくつかここでは説明しています。

4. 心理学?私は気が狂っていない

 もし医師があなたに心理士を紹介したならば、あなたはなぜだろうと思うかもしれません。それを理解するにはこのセクションをお読みください。

機能性脱力に打ち勝つことを学ぶ

 我々もどのような治療が機能性脱力に最も良いかを未だ学んでいるところです。

症状を理解すること

 症状に対しての明確で理解可能な説明を単に受け入れるということがどれだけ効果的かは驚くべきことです。機能性脱力の患者の多くは数ヶ月や数年ですら診断なしの状態にいるかもしれません(時には多発性硬化症と代わりに診断されています)。

 機能性脱力のような症状を理解するには長い時間が必要です。症状が改善し始めるためには、症状を理解することが重要な部分に思えます。

 あなたの他の症状も合わせてどれだけ症状が一致するかを理解することもまた、症状理解の重要な部分です。脱力が多くの症状(通常は疼痛や脱力感、睡眠障害)の一つであり、またこの疾患が多くの症状を伴うものであり、別の疾患によって多くの症状が引き起こされているわけではないということを理解することは助けになります。

 このため、慢性疲労症候群慢性疼痛の患者にとって効果的であると証明されている治療のいくつかは、機能性脱力の患者にとっても有用です。 

 これには以下が含まれます。

1. 段階的な運動/理学療法

2. 認知行動療法

3. 疼痛や睡眠に対する薬物療法

機能性脱力に関係して話題にあがる特別なこと

 機能性脱力の患者がよく気づくことの一つに、脱力の重症度が時間によって変化するということがあります。そのため、火曜日には足が非常に重く感じて引きずっていたのが、水曜日には症状はあまり目立たなくなります。多様性は多くの機能性症状で見られる共通の特徴です。もしこのことをあなたが考えるなら、これは機能性症状という診断が確かであるという一つの理由になります。もし神経系の構造的な損傷があったのならば、症状は少しは変動しますが、機能性脱力のように劇的な変動はしないでしょう。

 機能性脱力の重症度が変化するのにはいくつか理由があります:

1.非常に疲れている時

2. 非常に痛みを伴っている時

3. 意識的に動かすことについて考えているとき

 最後の一つは考える価値があります。あなたが四肢を動かそうと考えれば考えるほど、それは難しいということにあなたは気づいているかもしれません

 これは、動作は自動的なときに最もうまくいくからです。あなたが階段を上るときや坂道を歩くときは歩行について通常は考えることはありません。実際に健康な人が歩行のことを考えると、うまく歩けなくなることが多いです。

 これを認識することは、機能性脱力の患者にとって助けになります。

 できるだけ、歩くときにあなたの動作について考えないようにしてください。理学療法士は機能性脱力の患者の助けになるようなことにいつも確信を持っているわけではありません。通常は同時に両手もしくは両足を使用するような自動的な運動は、実際に四肢の脱力に焦点を当てた運動よりかうまくいきます。

 機能性脱力では、完全に「自分の足」だと感じられない四肢のコントロールを再獲得しようとすることを思い出してください。ある意味、コントロールすることに慣れるのかもしれません。

 機能性の上肢の脱力を患う患者は、特に痛みを伴うとき、膝を抱える傾向にあります。

 機能性の下肢の脱力を患う患者は、時にかかとを内側に曲げて座っていることに気づきます。

 これらの体位は「自然」に感じるかもしれませんが、そうではありません。あなたの脳が正常な体位だと考えます。あなたの脳は、身体の片側がもう片側と同じように感じないという考えに慣れてしまっているかもしれません。

 治療の目的は、あなたの脳が正常で自然な動きを再体験することを試みることです。

その他の治療

 もしあなたが四肢の脱力に本当に困っていると感じたならば、催眠を試すことには価値があるかもしれません。時に催眠下で、正常な運動が再度生じ始めることができます。

 時に、重篤な機能性脱力の患者では、全身麻酔薬による鎮静によって改善します。これはもし麻痺があり主治医がこの手技の経験があるときに限り行うべきです。機能性脱力に対する「万能薬」はありません!

One of the things that patients with functional weakness often notice is that the severity of the weakness can vary over time.....

...Try, as much as possible, not to think about your movements when you walk....