機能性/解離性による神経症状について:患者ガイド

 

Hemi

原因/機序

 前のページで記載した神経システムの機能の変化を引き起こす原因は何だろうか?

 

 答えは、なぜある個人が機能性症状を起こしやすいかという多くの可能性のある理由があり、そのことのように思えます。これらの理由は以下のように分類できます。

 

誘発因子(Predisposing Factors): 症状が現れる前に起こったこと

 

増悪因子(Precipitating Factors): 症状が現れると同時に起こったこと

 

持続因子(Perpetuating Factors): 症状が現れた後に起こったこと

 

 

これらの因子には以下の種類があります。

 

生物学的(Biological): 例えば、これらの症状を遺伝的に引き起こしやすい、ということがおそらくあるなど。

 

心理的(Psychological): 例えば、この頭痛は脳腫瘍から引き起こされているのかもしれないという心配は、頭痛をより悪化させるなど。

 

社会的(Social): 例えば、もしあなたが仕事を楽しめていなかったり、上司があなたに意地悪をしたりするような場合、あなたの症状は悪化したと感じる傾向にあるでしょう。

 

 

これは疾病の生物心理社会的モデル(biopsyschosocial model)と呼ばれます。 これを機能性症状にただ当てはめることはできません。全ての疾病は心理的および社会的な要素を持っています。多発性硬化症の人で、悲惨に感じたり多額の借金をしたりしている人では、不幸と思っていなくまた特に病気以外でのストレスを抱えていない人と比較して症状は悪いです。

 

なぜ人々が機能性症状を持つようになるのかの我々のモデルは、不完全です。関係のあるように見える多くの因子は他の多くの症状とも関係しています。

 

なぜこの症状への脆弱性のある人が、例えば片側の脱力を認めたり、振戦が始まったりしてしまうのか、まだまだ分かっていません。

 

I have explained some ideas about why these individual symptoms might happen on the relevant pages (see weakness, sensory symptoms, seizures, movement disorder)

 

The table below shows some factors which can be relevant in the development of functional symptoms. But when you look at this remember that people vary tremendously in how many of these factors are relevant. For some people, many factors are relevant. For others, only one or two are

 

It is especially important to state that:

 

YOU DO NOT HAVE TO BE STRESSED. DEPRESSED OR ANXIOUS TO DEVELOP FUNCTIONAL SYMPTOMS

 

YOU DO NOT HAVE TO HAVE EXPERIENCED AN ADVERSE CHILDHOOD TO DEVELOP FUNCTIONAL SYMPTOMS

 

There are many people where these factors may be relevant in creating a vulnerability, but there are also many patients where they are not. Doctors can make a mistake in thinking these things must always be present.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

If you are someone who has had an adverse experience in the past then you may get a hopeless feeling that the 'damage has already been done'. This is not the case. Treatment generally focuses on the perpetuating factors in your illness.

 

You may want to look at this table and decide what your own personal risk factors were and whether anything can be done about them

 

Read more about individual cases elsewhere

 

 

なぜ症状が起こったのか?